ECO HOUSE

“自然”から生まれ、やがて“自然”に還る家。“自然”から生まれ、やがて“自然”に還る家。

私たちは、家創りを通じて、お客様と会社に縁する人々の幸せを創造するという夢に向かって、常に挑戦し続けてまいりました。安心・安全・快適で、健康を考えた家創りは、弊社創業以来の一貫した姿勢でもあります。素材や商品の環境性能・安全性・耐久性を吟味する、私たちのこだわりに妥協はなく、この度"ECO HOUSE"をご提案できることに、大きな喜びを感じています。出来た時だけ美しく、後は古くなるだけの家では、やがて取り壊す時、処分の難しい粗大ゴミとなって、環境に与えるダメージは計りしれません。メンテナンスされることにより経年美を増し、アンティークとなっていく"ECO HOUSE"は、環境にやさしいだけでなく、みなさまの未来の資産となっていくことでしょう。"自然"から生まれ、やがて"自然"に還る家。この未来の子供たちと環境のために、いまわたしたちにできること……。

いま一度、私たちは価値ある家創りを見つめ直し、実行致します。

ECO HOUSEのコンセプト

メンテナンスが難しく、耐久性にも乏しい家は、わずか15年で住宅としての価値がなくなり、住宅ローンが残っているうちに建替えを余儀なくされるという、世界から見て非常識な家創りを繰り返しているのが、今の日本の現状です。取壊された家は、分別が難しい大量の産業廃棄物となり、処分場周辺の環境のみならず、今や地球規模の環境破壊や生態系への不可逆的なダメージを与える一因となっています。

住宅耐用年数比較

これまでの日本の住まいは、他の住宅先進国に比べ、あまりにも短命でした。
経済的、地球環境的に残る負の遺産といえます。

※資料「建設省白書」より

ECO HOUSEの壁構造

高気密、高断熱施工が絶対条件のECO HOUSE。

いままでの断熱材は、すべてビニール系の防湿層が設けられており、その表面で結露がおきていました。これは水蒸気が一部分で留まるためでした。ECO断熱の場合100%木から出来ているので、水蒸気を止めるポイントがありません。
気密もしっかりとれているので、結露の発生がありません。
昔ながらの土壁のように湿度を調節し、なお且つ断熱性能がすぐれているという、高温多湿な日本の高知の機構には、最適な断熱工法です。

ECO HOUSEの計画換気

2003年7月より施行された建築基準法改正により、24時間機械換気設備の設置が義務化されました。
"ECO HOUSE"では、早くから高気密高断熱住宅と計画換気の重要性に気付き、法令施行前から採用しています。

ECO HOUSEの標準仕様

1基礎

耐震強度を考える上で、地盤調査は欠かせない項目です。 また、不必要な地盤改良工事を避けることも、予算組みの上で大事なことと考えます。 そのため、弊社ではお客様の敷地の近隣状況や造成状況等から、もっとも適した地盤調査方法により、地盤強度の判定を行います。

2外装・内装壁塗料

[内装壁] ECOペーパー+(ECOペイント)

内装壁仕上げ材は、ルナファーザーを標準仕様としております。 ヨーロッパでは、ルナファーザーは100年以上も歴史のあるもので、再生紙と木片から作られています。上から塗装して仕上げるタイプの壁紙なので、メンテナンス時も貼り替えずにそのまま塗り重ねることが出来ます。 10回程度、塗り重ねても大丈夫なので、長期間に渡りゴミを出さずにメンテナンスが可能です。

[外装壁] エコモルタル

モルタルは、ECO HOUSE用の特殊なモルタルです。 透湿性に優れ、長持ちします。断熱材に直接施工できるので、胴縁リスクがありません。ウッドサイディングもモルタルも廃盤による意匠変更がないので、アンティークになっていく経年美を味わうことができます。

3木製窓・内装建具

[木製窓]

木製ペアガラスサッシ/ドイツの厳格な物作りに対するポリシーから生まれた木製ペアガラスサッシは、スウェーデン製トリプルサッシの精度を上回る製品です。メンテナンスすることにより、長くその質感を楽しむことができます。交換も容易に出来、解体の時の分別も簡単ですので、環境にやさしい部材です。

[内装建具]

内装建具/天然無垢板ドア・天然木突板・ガラスドア……。ナチュラルテイスト or モダンテイストでチョイスしてください。

4陶器瓦

昔ながらの素焼き瓦を、標準仕様といたしました。
良質な土を高温で焼き上げた瓦は、高い耐久性があり経年美を楽しむことが出来ます。 適度な通気性と透湿性を持つ素焼き瓦は、高温多湿な高知の夏に適した屋根素材です。廃棄のときの環境負荷も低いので、安心して使用できます。まさに土から生まれて土に還る、理想の部材です。

5断熱材

6壁構造

いままでの断熱材は、すべてビニール系の防湿構造が設けられており、その表面で結露がおきていました。 これは水蒸気が一部分で留まるためでした。 ECO断熱の場合100%木から出来ているので、水蒸気を止めるポイントがありません。 気密もしっかりととれているので、結露の発生がありません。昔ながらの土壁のように湿度を調整し、なお且つ断熱性能がすぐれているという、濃オン多湿な日本の高知の気候には、最適な断熱工法です。

7雨樋

チタン合金製雨樋

チタン合金製の雨樋は、熱による変形や割れなどの心配がなく、その抜群の耐久性は折り紙つきです。

CONTACT USお問い合わせ

新築のお問い合わせ ・リフォームのお問い合わせなどお気軽にご相談ください。