NEWS新着情報

slow living feel the blue sky

ブログ

 

以前にも書いたこのタイトルの記事ですが、、またしても大きな地震。。。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。そして、一日も早い復旧復興をお祈りいたします。

豪雨にしても台風にしても地震にしても、高知県にもいつおきてもおかしくない災害です。

どの報道を見ていても人事とは思えず、胸が苦しくなります。
先日、関西地域の台風被害をテレビで報じていたかと思うと、日を空けずして北海道で大きな地震。。
いつもある風景が、一瞬にして全く違う異様な景色に変わってしまう。恐怖でしかありません。
そして、
大切なものを一瞬にして失うかもしれないという恐怖。。。

毎日に感謝し、大切にしたい、と強く思います。

再度、ソラマド冊子『 Re KURASU 』からの一文をご紹介したいと思います。

大切なのは家族

震災や津波で一瞬にして家々が消えていく現実を見て、多くの人が家づくりを見直す時代がきていると思います。

様々な情報が氾濫していますが家をつくる目的は「そこで家族が幸せに暮らすため」。

良い家とはどんな家なのでしょうか?

改めて「生きる」原点にたちかえり、暮らしをモノで計るのではなく、家族で日々の暮らしを楽しめる感性豊かな人たちが、ソラマドの施主様なのかもしれません。

ソラマドは “空に向かって開いた大きな窓がある” 開放感いっぱいの暮らしの器です。

といっても商品名ではなく「私達が提言する家づくりの概念を具現化した言葉」です。

昔ながらの日本の家屋は、部屋を細かく区切らず、障子などでゆるやかに仕切り、部屋を広く使っていくというものでした。

そこに個室という発想はなく、家族が常に顔を合わせ仲良く暮らしていく。

こうした日本の家族の原風景とソラマドには多くの共通点があるのです。

―「大切なのは家族」―

この冊子、事務所とモデルハウスにて貸し出しを受け付けております。お家作りのことだけでなく、家族のあり方、暮らし方など、いろんなことを考えるきっかけになる本ではないかと思います。貸し出しご希望の方は、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

*matumoto*

みんなに共有する

back index

CONTACT USお問い合わせ

新築のお問い合わせ ・リフォームのお問い合わせなどお気軽にご相談ください。