NEWS新着情報

袖すり合うも他生の縁

ブログ

北海道から帰って、もう一週間経ちました。

なんだか随分前のような気もしますが、記憶の

確かなうちに、こぼれ話を少しだけ。

 

2日目のホテルにて。

温泉を満喫して、動けなくなるほど夕食をいただいて、

その深夜。

ロビーの喫煙スペース前を通りかかると、一人の妙齢の

ご婦人の姿がありました。

なんとなくお互い会釈しあって、なんとなくソファに

座ると、なんとなく会話がはじまりました。

(というか、ほぼご婦人が話して、こちらは絶妙に相槌うつ感じ)

 

約90分におよんだ会話の内容は、かいつまむと

”10年前、東京から事業の都合で家族で移り住んだ”

”3人の子供たちは、それぞれ独立してまた関東方面に帰った。”

”夫とふたり骨をうずめる覚悟だが、半年雪に埋もれる暮らしに

まだ慣れない”

”一週間前、雪掻き中に転んで顔面強打!腫れが引きかけたので

友達と温泉に来た”?

”一週間で腫れが引いた!いまの医療はすごい!”

”高知から来たの?こんな寒い所へ何故来たの?”

 

以上の内容を、ニュアンスをかえながら数回リピート……

 

じゃあ、よいたびを~♪ などと別れたころには深夜1時半。

身体は冷えましたが、旅先でのなんでもない会話は、ほっこり

しますねぇ。

(20分でじゅうぶんほっこりできたのですが……)

 

寝る前に、もいっかい温泉でほっこりしなおしました。

 

 

 

みんなに共有する

back index

CONTACT USお問い合わせ

新築のお問い合わせ ・リフォームのお問い合わせなどお気軽にご相談ください。